禁忌事項

施術を受けることができない人

以下に該当する項目がある人は、ハイパーナイフの施術を受けることがを推奨しかねます。
既往症
(がん・重症高血圧・心臓疾患・冠動脈症・腎不全・伝染病・ケロイド体質・膠原病・静脈瘤・静脈炎・クモ状血管静脈・てんかん・血栓・赤ら顔・皮膚悪性腫瘍・自己免疫疾患)
埋め込み式ペースメーカー、心臓細動除去器、電気除細動器などを使用している
妊娠中から産後12カ月以内
3カ月以内にイソトレチノイン(アキュテイン)を使用
慢性皮膚炎、皮膚のかぶれ(蕁麻疹等)

一週間以内に脱毛の施術をうけた方

 

施術時に注意が必要な方

糖尿病
(症状の度合いによりトリートメントを受けられない場合がございます。薬などで血糖値がコントロールされている状態であれば、施術可能)
その部位以外の部位には施術可能
最近、外科手術を受けており、完治していない。
体内に金属及びチタンを入れている
大きな金属製の歯科用インプラント、歯列矯正器具をしている
メソセラピー後2週間から4週間以内(傷口が完全にふさがるまでは同一部位の施術不可)
現在、もしくは以前に皮膚にヤケドを負ったことがある。→真上以外は施術可能
コラーゲン等を注入した。術後4週間は同一部位の施術は不可。
先に施術してから、注入施術を行なう場合も、48時間以上たってから施術をおこなう。
時間が経過していれば施術可能
脂肪吸引をしたことがある(1ヶ月以上経過していれば施術可能)
現在授乳中の方(産後12ヶ月を過ぎていれば施術可能)

 

その他要注意

現在薬物治療を行なっている(かかりつけの医師へご確認ください)
この項目に明記のない疾患中や治療後(かかりつけの医師へご確認ください)
アトピー性皮膚炎の方 (乾燥しやすくなりますので保湿ケアを行うこと)

​施術後の注意点

施術後には以下のことに注意して過ごすようにしましょう

・施術後2時間は飲食禁止
・バランスの良い食事と適度な運動を行う(特に施術後の3日間)
・こまめに水分補給する

施術後2時間は飲食禁止

ハイパーナイフの施術後約2時間は、摂取した脂質や糖質が吸収されやすくなっているため、食事やジュース(水はOK)は控えましょう。

例えば12時や19時頃に施術が終わるように受けてしまうと、昼ごはんや夜ご飯を食べる時間が遅くなるので注意してください。

バランスの良い食事と適度な運動を行う(特に施術後の3日間)

ハイパーナイフのみで痩せることはできません。ハイパーナイフの効果を最大限に引き出すためには、バランスの良い食事を取り、過度な間食は控え、適度な運動をすることが大切です。

これはハイパーナイフだけに限らず、全ての痩身エステの施術に言えることです。痩身エステはダイエットをサポートするものと捉え、日々の生活習慣を見直しましょう。

なお、ハイパーナイフは施術後3日間、効果が持続すると言われています。そのため、この3日間は特に、食事や運動に気をつけて過ごしてくださいね。

こまめに水分補給する

ハイパーナイフを受けた後は、老廃物が尿や汗となって排出されやすくなっているため、こまめに水分補給することが大切です。

飲む量の目安は1日1.5リットル~2リットル。冷たい水は体を冷やしてしまうため、常温もしくは温かいお湯がおすすめです。